ごあいさつ、経営理念、基本方針

ごあいさつ

理事長 永田 義邦

当協会は昭和24年に開業医院から患者さんのX線撮影の依頼を受け、委託撮影所を開設したのが始まりです。
その頃、結核予防法が施行され、住民・学校、事業所のX線集団健診を始めました。爾来、生活環境や労働環境等環境変化に伴う疾病の行政施策に対応する健康診断実施機関として今日迄予防医学一筋に事業を推進して参りました。

予防医学は疾病を早期に発見し、精密検査を行なうことが早期治療につながり、完治することが可能となっております。病気は自覚症状のないうちに胚胎していることが多く、定期的に健康診断や人間ドックを受診することが大切であります。
厚労省としても予防医学を重要視して受診率の向上政策を推進しております。

当協会は今日の生活習慣病や健康ニーズの高まりに的確に応えるため、県内一円の巡回健診と共に施設内で受診する富山健康管理センター、高岡総合健診センター、とやま健診プラザの3拠点による健診体制を整えております。
総合健診機関として設備の充実と精度管理の向上に努め、一般健康診断、特定健診に加え、がん検診から人間ドック、保健指導・健康の保持増進、循環器系の診断、さらにメンタルヘルスケアまで幅広く質の高いサービスを提供します。

皆様の病気予防のお役に立ち、健康な生活を送っていただくために誠心誠意努めます。
今後とも当協会の事業に皆様のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

一般財団法人 北陸予防医学協会
理事長 永田 義邦

経営理念

誠心誠意

人々が人生を健康ですこやかに生きられることを願い、道理を究め、健康診断技術の向上に努めるとともに、人為を積み重ね、真心を以って健康診断業務に従事する。

基本方針

  1. 多様化する疾病や健康ニーズにトータルに対応する体制をつくり、予防医学の総合的サービス機関を目指します。
  2. 高品質の健康診断サービスを提供するために、職員の研修・教育を推進します。
  3. 職域・地域の保健衛生向上のため、健康管理、治療、健康増進に関する啓蒙活動等のサービスを提供します。
  4. 行政機関や地域医療機関等と連携し、健康診断受診率向上を目指します。

受診者の権利

  1. 良質な医療を受ける権利

    受診者には、差別されることなく良質な医療を受ける権利があります。

  2. 自己決定の権利

    受診者には、わかりやすい説明を受け、十分納得されたうえで、自分で検査を選択、あるいは拒否する権利があります。

  3. 情報を得る権利

    受診者には、ご自身のあらゆる医療情報を知る権利があります。

  4. 守秘義務に対する権利

    受診者には、ご自身の医療に関する記録や個人情報、プライバシーが守られる権利があります。

  5. 尊厳に対する権利

    受診者には、ひとりの人間として、その人格・価値観などが尊重される権利があります。

ページトップ